8月6日格差研究会報告

studying_economicsweb記が現在のテキストです。
James B. Stanfield, ‘The fortune of the Bottom of the Pyramid in Education’

本日pp.5-19を読みました。

これまでで、BOPの基本的な考え方を理解することができました。

次回は、p.19の下記の章から終わりまで読みます。

7.Developing ecosystems for wealth creation in education

大学院進学論文作成のための読書会ですが、どなたでも参加できます。

英語も日本語も得意でなくてもOKです。気楽に参加してください。

次回の開催日は決まっていません。

決まり次第このブログでお知らせします。


柴田 啓文

紹介 柴田 啓文

経済学部教員です。このサイトの管理者の一人です。

1件のコメント

  1. 進学だと、英語は必要になるので、頑張りましょう。
    BOPは発想として面白いし、経済、経営にかぎらない学際的なところがあるので、大学院の選択の幅も広がるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です