学期末試験をZipgradeでその場で採点しました

ZipGradeを久しぶりに使いました

柴田担当の日本語文章表現Iの学期末試験を終了後その場で採点し、試験結果を表示し説明しました。

Zipgradeを使ったのは1年ぶりですが、少人数のクラスでは大変使いやすいアプリケーションです。学生にとっても、すぐ結果がわかるというのは学習意欲を高める効果があると思います。

Zipgradeを進める理由

  1. わかりやすいグラフや表:スキャンすると、すぐに下のグラフと表に加えて、個人の正解率が表示されます。
  2. データをダウンロード:問題別の正答率や各選択肢の選択割合を含む全データをダウンロードすることができます。
  3. スマートフォンを利用:iPhoneでもAndroidでも利用できます。価格は千円です。
  4. 使いやすい:ダウンロードして分析しなくても、十分な情報が得られる。

どうして日本であまり使われないの?

日本語に対応していないからだと思います。実際、氏名をアルファベットに変換するのは結構手間です。

どうしたらいいの?

私は、教室のインターネット化と英語化(Internet and English of Classrooms)をすすめるべきたと思っています。

 

 


柴田 啓文

紹介 柴田 啓文

経済学部教員です。このサイトの管理者の一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です