米国E-Commerceの雇用への影響

米国E-Commerceの雇用への影響

柴田ゼミでは、発表に必ず「自作」データを利用することになっています。

データを利用した発表のサンプルとしてThe New York Timesの記事を紹介します。

米国において、E-Commerceが雇用にどのような影響を与えているかについての分析です。

E-Commerceは雇用の減少と都市集中を促しているということをグラフで示しています。日本ではどうか知りたいところですね。

ところで、美しいグラフですが、何で書いているかな?グラフのための特別のアプリかな?みやすくするために、たぶん、グラフに直接書き込んでいるところも多いようです。

Rでも似たような感じで描けるとおもいます。特に最後の地図上に表示するのはやってみたいですねえ。Shinyにサンプルがありましたが、インターアクティブなコンテンツにして、ネット上の公開もできるようです。やってみたい!!

How the Growth of E-Commerce Is Shifting Retail, JobsJULY 6, 2017

https://www.nytimes.com/interactive/2017/07/06/business/ecommerce-retail-jobs.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=photo-spot-region&region=top-news&WT.nav=top-news


柴田 啓文

紹介 柴田 啓文

経済学部教員です。このサイトの管理者の一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です