「罪と罰」/「地下室の手記」観劇

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-11-37-52柴田ゼミでは、第七劇場日台国際共同プロジェクト Notes Exchange vol.1

「罪と罰」/「地下室の手記」を見に来ます。

また、これに合わせてドストエフスキーの読書会も開催します。

詳細は、shibatau@gmail.comまで連絡ください。

日時:2016年11月26日(土曜日)or 27日(日曜日)のどちらかの日。

11月26日(土曜日) 18時開演
11月27日(日曜日) 14時開演
※受付は開演40分前 開場は開演20分前
※各公演アフタートーク付

場所:三重県文化会館 小ホール

内容:

「第七劇場」(日本)と「Shakespeare’s Wild Sisters Group」(台湾)の2つのカンパニーによる3年間の国際共同プロジェクトが始動。1年目の今年は世界的文豪ドストエフスキーの不朽の名作「罪と罰」「地下室の手記」を各1時間に凝縮して連続上演。日台のそれぞれの演出家がそれぞれの俳優を混合した作品を日本と台湾でツアー公演を行います。日本公演は三重県文化会館のみ!
地域も言葉も時代も歴史も異なる日本と台湾とロシア。共通点は「人間」。
原作を読んだことがあるひとも、ないひとも、国境も時も超えて描かれる「人間」を体感しに是非お越しください。

詳細(しょうさい)

日程 11月26日(土曜日) 18時開演
11月27日(日曜日) 14時開演
※受付は開演40分前 開場は開演20分前
※各公演アフタートーク付
上演時間・・約120分(「罪と罰」「地下室の手記」連続上演)
料金 整理番号付自由席

  • 一般 2,500円(当日3,000円)
  • 25歳以下 1,000円
  • 18歳以下 500円
チケット 9月17日(土曜日)10時発売
クレジット
主催
三重県文化会館
共催
レディオキューブFM三重
助成
文化庁
製作
三重県文化会館
第七劇場
Shakespeare’s Wild Sisters Group

 

 


柴田 啓文

紹介 柴田 啓文

経済学部教員です。このサイトの管理者の一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です