教育支援システムのアンケートをRで棒グラフに

教育支援システム(MOODLE)とRで棒グラフ作成

教育支援システムを使っている人が、アンケートの結果を簡単に棒グラフにする方法です。エクセルを使ってもできますが手間がかかりますし、一定のスキルが必要です。

これに対して、Rだとコピーして貼り付ければ自動的にやってくれます。例えば、コンピュータ教室なら授業でアンケートをとって、すぐにその結果のグラフを表示することができます

MOODLE+Rは理想的な組み合わせ?

Rは大学のコンピュータで利用できますから、MOODLE+Rでデータを簡単に処理し、共有するようにすれば、教員は簡単にデータを分析することができますし、学生にとっても身近なデータでRや統計に親しむことができます。

サンプル:MOODLEのアンケートを棒グラフ

1.        MOODLE(言語設定英語)でダウンロード

「小テスト」を用いたアンケートのデータをExcel形式でダウンロードし、Excelで開いてCSV形式でタイトルdata0として保存する。Macの場合は、エディターでUnicode(UTF-8)に変更する。

2.        Rを起動し、データを読み込む。

> data0<- read.csv(“data0.csv”)

3.        ggplot2をインストールする。

install.packages(“ggplot2”) #きれいなグラフ作成のためggplot2をインストールする。

4.        グラフの作成(下記をコピーしてRに貼り付ける)

library(“ggplot2”) #ggplot2を呼び出す。
old = theme_set(theme_gray(base_family=”HiraKakuProN-W3″)) #日本語フォントを入れる。
qplot(factor(Response.1), data=data0, geom=”bar”, fill=factor(Response.1))
qplot(factor(Response.2), data=data0, geom=”bar”, fill=factor(Response.2))
qplot(factor(Response.3), data=data0, geom=”bar”, fill=factor(Response.3))
qplot(factor(Response.4), data=data0, geom=”bar”, fill=factor(Response.4))
qplot(factor(Response.5), data=data0, geom=”bar”, fill=factor(Response.5))
qplot(factor(Response.6), data=data0, geom=”bar”, fill=factor(Response.6))

スクリーンショット 2016-05-07 10.07.22

スクリーンショット 2016-05-07 10.07.36


柴田 啓文

紹介 柴田 啓文

経済学部教員です。このサイトの管理者の一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です