Multilingual Heartsの活動で四日市のスレート工場を見学

OLYMPUS DIGITAL CAMERAMultilingual Heartsのメンバーが2015年2月27日に四日市の「ミエスレート」本社工場を見学し、会社の説明をうけました。

本活動はCOCの一人一プロジェクトの一環です。

 

 

今回の見学は、四日市東ロータリーの国際奉仕活動として、四日市東RC国際奉仕委員会の市田さん(「東海テクノ」社長)にご調整いただき、ミエスレートの和田山社長のご快諾を得て実現しました。市田社長には当日もご同行いただききました。

 

「ミエスレート」はスレートを製造している会社ですが、全国でスレートを製造している会社は4社だけだそうです。

P2273407mod

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者は、インドネシアの留学生1名、スリランカの留学生1名、中国の留学生2名、ネパールの留学生1名です。

留学生の中には家業が建築業である学生もおり、熱心に説明を聞き、質問をしていました。

 

P2273413mod

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の課題は、出身国の状況を踏まえた留学生ならではの観点からWebのミエスレート紹介ページを作成することです。

紹介ページの作成を含め、学生は次の報告書を作成します。

1.出身国のスレート関連企業のホームページのリンク集
2.出身国でのスレート産業の状況
3.各自の観点から出身国語での「ミエスレート」の紹介ページの作成

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

留学生にとり貴重な経験になりました。ご協力をいただいた関係者の皆様、四日市ロータリーの皆様にお礼申し上げます。

報告者(柴田啓文)

 

02_地(知)の拠点ロゴ


柴田 啓文

紹介 柴田 啓文

経済学部教員です。このサイトの管理者の一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です