経営学特殊講義が始まりました

今年度の経営学特殊講義は「​アベノミクス時代の企業経営の展望」を主テーマに、経営者の方々等をお招きし、経営の最前線からその課題と展望を語っていただきます。

第1回目4月23日には、㈱三重銀総研代表取締役副社長 筒井真氏から「アベノミクスの行方と地域金融機関の役割」と題した講義がありました。アベノミクスはデフレ脱却にどう取り組んでいるか、成長戦略を進める上での課題を豊富なデータをもとにお話いただきました。さらに、三重県内経営者の景況感や地方銀行である三重銀行の「地域密着型金融」について紹介していただきました。

経済学部の経営学特殊講義は、学外にも公開しています。大学ホームページ  大学ニュース(3/27付)をご参照ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です